社員研修おける講師の選び方で効果が違ってきます

研修テーマによっては社内講師の選抜もあります

講師はすべて外部からとは限りません。外部の人の方が会社の内情を知らないため、話しやすい聞きやすいという利点はありますが、テーマによっては内部から選抜して講師に立てることで効果が上がることもあるのです。例えば、新入社員研修における「社内のエチケット」は外部講師で研修できることに限界があります。一般的なことは外部講師に任せて、社内における実情は内部講師にお願いする方が、入社後配属されてから社員が戸惑うことがありません。

外部講師の選び方は本人を指名することです

研修を行う会社は全国にあります。旅費を出すことで、地方まで来てくれる講師は多いのです。首都圏から離れた会社では、研修で首都圏まで行かせるには費用がかかるため、講師の費用を出して来てもらう方が得策なのです。講師を派遣する会社に依頼して来てもらうのは良いのですが、誰でも良いというものではありません。少なくても、講師の書いた本や冊子などを読んで、自社に取り入れたいと思う内容がある人を名指して来てもらうことです。

研修会社の特徴を知ることが大切です

研修を行っている会社は、経営のコンサルタントを兼ねているものです。社長は企業の相談を受けてコンサルを行っているのです。会社には方針があり、企業としての特徴がそれぞれありますが研修会社も同じことです。研修を行う会社はたくさんありますが、それぞれ特徴があることを知らなければなりません。どのような研修でもできるとは限らないのです。会社の最も得意とする研修は何なのかを知り、それをテーマとして講師に来てもらうことです。

社員研修は企業が社員を対象とした研修です。新人、中堅、管理職が対象となる研修、集合研修、OJT、外部研修などがあります。基本的な考え方は必要な技術や知識を取得し、業務の遂行能力を養うことです。